業者選びに役に立つ造園・エクステリアに関連した業者をご紹介します。

エクステリア事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年08月18日 [FAQ]

新築のエクステリア工事で気を付けるべきポイントは?

結婚を期にマイホームを建てることを決めて、現在施工会社選びを行っている最中で複数社と交渉しているのですが、エクステリア工事のことで聞きたいことがあるので、よろしくお願いします。
私もはじめは家本体のことしか頭になく、予算の関係で土地の広さにも限界がある中で、夫婦共働きでお互いに車を所有しているので、絶対条件として2台分も駐車スペースが必要です。
具体的な話が進む中で、妻が休みの日にはガーデニングや家庭菜園もしたいと言い出して、私自身はそこではじめてエクステリアの必要性に気づいたのですが、積極的に業者側から提案やアドバイスをもらうことができない中で、新築のエクステリア工事で気を付けるべきポイントを教えてください。
よく家は3回建ててようやく満足できる仕上がりになると言われますが、経済的にも2度目もないというのが現実的なところなので、失敗は事前にしっかり計画を立てて、できる限り防ぎたいと思っています。


回答

業者選びが最も大事なポイントです。


まずは、家本体だけではなく、エクステリア工事のこともしっかり最初から親身になって考えて、良きアドバイスをしてくれる施工業者を見つけましょう。
確かにハウスメーカーでも工務店でも建設会社でも、家本体だけに重点をおいて、エクステリアを付けたしのように考える業者が多いですが、家づくりはエクステリアをひっくるめて考えなければ、取り返しのつかないことになるケースも珍しくありません。
特に土地の広さが限られている場合は、デザイン的なことは後からでも何とかなりますが、駐車場を含めた配置に関しては、家を建てはじめてしまってからでは変更するにも限界があります。
それなのに、エクステリアを後回しにして話をどんどん進めるような業者は、はじめから相手にしない方がいいです。
それでも、家本体のコンセプトやデザイン性などが気になって、エクステリア工事を得意としない業者に建設を依頼したい場合は、エクステリア工事を別の業者に依頼するという方法もあります。
新築のエクステリア工事で失敗しないためには、事前に建物を含めた配置決めをしっかり行うことが重要で、狭い土地ではデッドスペースをできるだけつくらない工夫も必要です。
使い勝手を具体的にシミュレーションして、水道やコンセントを使用する場合は、その位置もきちんと考えることは大事になります。
エクステリアに使用する材料は、メンテナンス性を考えて選択することもポイントになります。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク