業者選びに役に立つ造園・エクステリアに関連した業者をご紹介します。

エクステリア事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年02月18日 [FAQ]

造園工事で気を付けるべきこととは?

昨年40年以上勤めた会社を退職しました。
まだまだ元気なので、フルタイムでなくても趣味程度で働くことができる仕事をいずれはしようと考えていますが、お金に困っているわけでもないので、妻からもしばらくはゆっくりして、好きなことをすればいいのでは?と提案されました。
そこで妻と二人で、これまでほとんど行くことができなかった旅行を楽しんだり、唯一の趣味であるゴルフを楽しんだりしているのですが、前から興味があったガーデニングをしようと考え、質問させていただきます。
最終的には、プロにお願いして造園工事をしてもらうことになると思うのですが、時間を持て余しているので、その前に自分でできることをしたいと思っているのですが、造園工事をセルフで行う際に、気を付けるべきポイントを教えてください。
今後も体が動く限り、庭いじりを趣味にしたいと考えているので、工事に必要な道具や機械もいろいろ揃えようと思っています。


回答

安全と体調管理を一番に考え工事を行いましょう。


道具や機械を揃えて作業をされる予定ということもありますので、まずは安全を第一に考え工事を行うことを、肝に銘じて行動に移しましょう。
造園工事には安全対策が必要ないと思う方も多いようですが、刃物や草刈り機などを取り扱うことから、危険性はかなり高いものとなります。
重い石などを持ち上げる際には、腰を痛めたり、落下して怪我をする可能性もありますので。安全に作業をすることが求められます。
造園工事は大概屋外で行いますので、特に夏場は炎天下での作業が多くなり、体力をかなり消費することになります。
脱水症状を引き起こす危険性も高いですので、水分と休息をしっかりとることを心がけましょう。
寒い時期でも、気づかないうちに脱水になっていることもありますので、一人きりで作業をするときには、十分な配慮が必要となります。
造園工事を成功させるためには、最初から見栄えをきちんと考えて作業に臨むことが大切になります。
プロの場合はもちろん見栄えには十分に配慮して作業を行いますが、素人が見栄えに配慮することはとても難しいので、事前に何をどこに植えるかなどを、計画した上で行動に移すことをおすすめします。
近くで見るのと、遠くから離れて見るのは見え方が全く変わってくるので、その点も踏まえて工事を進めていくことも、造園工事を成功させる大事なポイントです。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク