業者選びに役に立つ造園・エクステリアに関連した業者をご紹介します。

エクステリア事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年01月17日 [FAQ]

エクステリア工事での失敗しないためには?

家を新築するにあたり、施工会社は決めたのですが、エクステリア工事は専門業者に別に依頼しようと思って、現在センスの良い会社を探しているところです。
これまでは庭のないマンションでずっと暮らしていて、広い庭をもつのは私たち夫婦の念願で、妻が庭でガーデニングをするのが夢だと前から言っているので、造園工事が得意なことも業者選びの大事なポイントです。
都内で安い土地を見つけるのは難しかったので、家を建てたら今よりも会社から少し遠くなるので、車を購入してマイカー通勤をする予定なので、駐車場も必要なのですが、東京郊外ということで、ある程度広い庭と駐車場をつくるだけの土地を手に入れることができました。
そこで質問なのですが、エクステリア工事で失敗しないアドバイスを、これまでに多く見られる失敗例も含めていただけるようお願いいたします。


回答

駐車スペースの広さには注意しましょう。


まず、広いお庭でガーデニングをなさるということですが、失敗例として、庭に最初からたくさんの植物を植えたのに、忙しくてお手入れがきちんとできなくて、はじめはキレイだった庭が、雑草でボーボーになって手に負えなくなることは珍しくありません。
これまでガーデニングの経験がある方であれば問題はないのですが、それがないということであれば、ガーデニングにはそれ相応の時間が必要になることを十分に理解した上で、庭に植える草木の量を決めるようにしてください。
お車をこれから購入されるとのことですが、エクステリアの失敗例で多いのは、駐車スペースが思ったよりも狭かったというものです。
小さな車から大きな車に買い替えたときや、車を最初に所有していなかった方に起こることが多く、お子さんがいるなら、将来的にもう1台車を駐車する場所が必要になるかもしれないので、そのことも考えて広めのスペースを確保することをおすすめします。
駐車場をつくる場合は、どこに設置するかも大事なポイントで、思い荷物を買ってきた場合は、スムーズに家の中に入れるように、建物への移動距離もよく考えた方がいいでしょう。
予算の関係で家の周りに塀やフェンスを設置しない方も多いですが、塀は防犯対策にもなりますし、家の中が見えないように目隠しの役目もするので、植物を塀にすることも可能ですので、できる限り設置することを推奨します。
その他には、庭にコンセントや足洗い場を設置しないで後悔している方が多いようです。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク