業者選びに役に立つ造園・エクステリアに関連した業者をご紹介します。

エクステリア事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年12月18日 [FAQ]

造園業者やエクステリア業者の特徴とは?

今度結婚して、実家の近くに土地を購入して家を建てることになったのですが、すでに結婚して幸せな家庭を築いている2番目の兄から、マイホームをハウスメーカーで建てるなら、庭工事は別に造園業者かエクステリア業者に任せた方がいいとのアドバイスをもらいました。
長男である一番上の兄夫婦が実家で両親と同居していることもあり、2番目の兄も私と同じように、実家から離れてはいますが数年前に家を建てて、その時同じアドバイスを会社の先輩から受けたそうで、そうすることで理想的な庭がつくれたということで、費用に関してもハウスメーカーから外構工事分を差し引いてもらって、その分で十分に賄えるとのことでした。
彼女も家を建てるなら、将来家庭菜園やガーデニングができる庭が欲しいと言っていたので、兄の提案に乗ろうと思うのですが、造園業者とエクステリア業者の特徴を教えてください。


ハウスメーカーの下請け業者は避けることをおすすめします。


まず、ハウスメーカーに外構工事を依頼しても、実際に施工するのは造園業者やエクステア業者などの、庭工事を専門にしている会社であることは理解しておきましょう。
家本体も実際に工事をするのは大工さんや電気屋さんや水道工事業者などの専門業者で、ハウスメーカーが直接工事を行うことはほとんどありません。
ハウスメーカーは下請け業者に工事を任せて、そこから中間マージンを取っているので、直接庭工事に発注することで、費用を抑えたり、中間マージン分の費用をプラスして、ランクアップさせることも可能です。
一口で造園業者と言っても、様々なタイプがありますが、一般的には草木の剪定や庭造りのスペシャリストがいて、施工後のメンテナンスも任せられるメリットがあります。
植栽工事を中心に考えている場合は、造園業を専門にしている業者を探して、工事を任せることをおすすめします。
エクステリア業者にも、様々なタイプがありますが、一般的には問や塀やフェンス、駐車場などの建物周りの構造物の工事を専門にしている業者のことを指します。
大手ハウスメーカーの下請けを専門にしている会社も多く、前記した通りに中間マージン分を省けるメリットがありますが、せっかくならそのような業者を選ぶのではなく、下請け業務をしなくても、自社で仕事を取れる会社を選択することをおすすめします。
その理由は、その方がセンスが高い可能性が高く、満足いく仕上がりを期待できるからです。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク