業者選びに役に立つ造園・エクステリアに関連した業者をご紹介します。

エクステリア事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年10月23日 [FAQ]

新築のエクステリア工事で失敗しないためのポイントは?

現在は結婚して、子供も一人できて家族三人で都内のマンションで暮らしていますが、結婚当所からマイホームを持つのが夢で、子供が小学生にあがる前には、夢を実現させようと、必死で貯金に励んできました。
いよいよ来年は子どもが幼稚園の年長さんになるので、そろそろ準備をはじめようと、共働きしている妻とも予定を併せて、すでに何度かハウスメーカーなどの住宅展示場にも見学に行きました。
家を建てる上で、私も妻もいろいろな希望を持っているわけですが、結婚する前に実家に住んでいた時に、よく母が家を建てる時には後のことをしっかり考えて、家庭菜園ができるスペースをつくっておけば良かったとか、私がバイクを買った時には、置き場所がなくて困ったことなど、エクステリアに関する不満がたくさん出ていたので、家本体でなく、エクステリアの広さや使い方もきちんと考えて、家の設計をしなければいけないと考えています。
一般的に家を新築するにあたり、エクステリア工事で失敗する原因や、後悔しないで済むような注意点やポイントがあれば、是非教えて欲しいので、どうぞよろしくお願いいたします。


回答

ライフスタイルの変化を事前にしっかり考えよう。


家を新築する際に、ほとんどの方がエクステリアに関することが頭にないため、最終的にそこに回せる費用がなくなることが、エクステリア工事を失敗させる大きな原因です。
要は、費用面での計画性がなかったことから、家の本体へ大半の予算を回してしまい、エクステリアは妥協するということになってしまうのです。
最初は夫婦二人や家族三人でも、結婚生活を続けていくと、子供が増えたり、親の面倒をみなければいけなくなったりと、家族が増えることも考えられます。
そうなると自転車や車やバイクなどの数も増えて、最初からスペースがない場合は、わざわざ家の近くに駐車場などを借りなければいけなくなる可能性も出てきます。
エクステリアは家の大事な一部分であることを最初から認識して、将来的なライフスタイルの変化を、いろいろな角度から考えておくことで、後悔しないエクステリアに仕上げることができます。
エクステリアには、駐車場や駐輪場の確保が必要になる以外にも、物置、門柱、フェンス、玄関アプローチの工事などが必要になります。
家庭菜園やガーデニングをしたい方は、そのスペースの確保も必要で、ワンちゃんなどを飼う場合は、ドックランも必要になるかもしれません。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク