業者選びに役に立つ造園・エクステリアに関連した業者をご紹介します。

エクステリア事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月15日 [FAQ]

エクステリアの工事でセキュリティを高められますか?

この前、家に帰ってみると部屋の中がとても荒らされた状態になっており空き巣の被害にあってしまったと思い、すぐに警察に通報して駆けつけてもらったのですが、調べてもらった所窓ガラスが割られていたことが分かり、幸い何も盗まれたものはなかったのですが、大きなショックを受けました。
そこで、エクステリアの工事をしてもらいセキュリティを高めたいと思っているのですが、どういった方法があるのか教えてください。

回答

門扉やフェンス、インターホンなどでセキュリティ対策ができます


エクステリア工事によってセキュリティを高める方法はたくさんあり、たとえば、門扉を乗り越えられないようなものにすることが可能であり、侵入を抑止することで被害を防ぐことができます。
あるいは、門扉に電気錠を設置することも可能であり、開閉はタッチキーのリモコンを使って行えるタイプがあるため、施錠や開錠するのに手間取ることはなく、鍵のある門扉にすることで簡単にセキュリティ性を高められるのです。
ポストの防犯性を高めることも大切であり、中身を見られてしまうとプライバシーを侵害されたり犯罪の利用されたりするリスクがあるため、鍵付きのポストを設置することも大切です。
ポストの鍵としては、シリンダー錠やダイヤル錠、あるいはプッシュ錠を設置するケースがあり、中が大容量になっているポストも存在しており、個人情報の保護のためにもおすすめです。
インターホンもセキュリティにとっては重要であり、顔を確認できるようにカラーカメラが設置されたインターホンが登場しており、留守の際には訪問者を記録しておけるタイプもあるため、セキュリティにとても便利に活用できるでしょう。
ドアの前にいる不審者をセンサで感知して、一定時間以上いるとフラッシュやアラーム音によって警告できるような商品も存在しており、不審者を追い払う効果を期待できるでしょう。
空き巣はフェンスを乗り越えて侵入してくるケースが多いのですが、それに対処するためにフェンスを剣先のあるタイプにするケースは多く、これは原始的な方法ですが、大きな効果を期待できるでしょう。
砂利を敷くという方法もあり、これは歩くと音がするため、これだけでも犯罪の抑止力として大きな効果を期待でき、さらに防草シートを敷いておくと雑草対策をすることもできます。
他にも業者に相談すればそれぞれの環境に合ったさまざまなセキュリティ対策の方法を提案してくれるため、その提案内容をよく吟味してみて、自宅に合ったものを導入してみましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク