業者選びに役に立つ造園・エクステリアに関連した業者をご紹介します。

エクステリア事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月14日 [FAQ]

エクステリアのフェンスの種類はどんなものがありますか?

私の家にはフェンスがないため、いろいろと不便に感じていることが多かったため、今度エクステリアの業者に依頼をしてフェンスを設置してもらいたいと思っているのですが、フェンスといってもさまざまな種類があるため、どれにすればいいのか悩んでいます。
そこで、フェンスには一体どういった種類のものがあり、それぞれどのような特徴があるのか教えてください。

回答

アルミフェンスや和風のフェンス、その他いろいろな素材のフェンスがあります


フェンスを設置したい用途はそれぞれ異なっているのですが、目的の違いによってさまざまな種類の中からフェンスを選ぶことができ、エクステリアの業者であれば幅広いラインナップを用意してくれます。
アルミ形材を用いたフェンスはシンプルであり、すっきりとしていて、いろいろなところでよく見かけるタイプであり、デザインも選ぶことが可能であり、縦ラインや横ライン、ルーバータイプなどが存在しています。
アルミ鋳物を用いたフェンスもよく使われており、目隠しの目的としてはあまり適していないのですが、見た目のデザインが気に入っている人が多く、特に洋風の住まいとの相性が良いのが特徴です。
和風のフェンスも存在しており、垣根や竹垣などをデザインした和風のフェンスは人気を集めており、竹垣をそのまま再現したようなフェンスから現代的な住まいとマッチするように工夫されたデザインの和風フェンスもあります。
それ以外には、スチールワイヤーメッシュを用いたフェンスから人工木材を使用したフェンスまであり、さまざまな素材がフェンスには使われており、素材の違いによって見た目や機能性などが大きく違っているのです。
また、特殊な形態のフェンスとしてスクリーンフェンスというものがあり、こちらはプライバシーを守るための機能を高めたものとなっていて、外からの視線や侵入者を遮るために十分な高さを備えており、目隠しの機能にも優れています。
これから業者に頼んでフェンスを設置してもらうならば、どういう目的でフェンスを設置したいのかはっきりとさせて、業者の人と話し合いをして、具体的なイメージをかためていきましょう。
また、フェンスは風の影響を強く受けてしまうため、高さには限界が存在しており、強風を受けたときに破損しないために基本的にはコンクリートブロックの上に高さ80cm程度のものが限界とされています。
設置方法もいろいろなタイプが存在しているため、業者に現地調査をしてもらってから考えることになります。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク