業者選びに役に立つ造園・エクステリアに関連した業者をご紹介します。

エクステリア事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月09日 [FAQ]

造園業者を上手く選ぶコツは?

結婚したのが4年前で、結婚も早かったこともあり、これまでは敢えて子供を作らないようにして二人の時間を楽しんできました。
予定通りに3年間は甘い新婚生活を続けて、昨年から妊活をはじめると、半年以上時間がかかり少し不安になりかけていたところで妻の妊娠が発覚して、ようやく安定期に入ったので一安心です。
妻はもともと結婚してからも仕事は続けたいと言っていて、一人目までは何とか今住んでいるマンションでもベビーシッターや家事代行なども利用すれば何とかなると考えていたのですが、お腹の中の子供が双子であることが判明して、出産に合わせて実家で私の両親と同居することに決めました。
妻も同居することには納得していて、両親はとても喜んでいるのですが、嫁姑問題が起こる可能性もあり、自分としてはそれだけは避けたいので、少しでも良い環境を整えるために、お互いにプライバシーが守れるよう二世帯住宅にする提案をして、両親にも納得してもらいました。
それに当たり、母が前から庭で家庭菜園やガーデニングもしたかったと言い出して、妻も庭には緑はたくさん植えたいというので、できれば造園業者に工事を任せたいと思っているのですが、エクステリア工事もできる造園業者を上手く選ぶコツがあれば教えてください。


回答

豊富な工事実績があるかが大きなポイントです。


これからもお庭のお手入れを依頼する場合は、長くお付き合いができる会社規模の造園業者を選ぶことをおすすめします。
個人の造園業者が悪いわけではありませんが、途中で取引ができなくならないように、経営状況や後継ぎがいるかどうかも確認した方がいいでしょう。
信頼できる造園業者を選ぶポイントは、過去に豊富な工事実績があるかどうかが大きなポイントです。
経験値が多い方が、デザイン面でも機能面でも優れた作品を提供してもらえる可能性も高くなります。
業者が持つ資格を確認することも1つのコツで、日本には「造園施工管理技士」という国家資格も存在しています。
庭工事に資格は必須ではありまんが、資格保持者がいる造園業者は知識も豊富で、技術的にも高いことの証明にもなりますし、会社の信頼性も高くなります。
業者選びを行う際には、なるべく複数社から見積りを取り、金額だけではなく細かく各工事の内訳が書かれていることも信頼できる証となります。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク