業者選びに役に立つ造園・エクステリアに関連した業者をご紹介します。

エクステリア事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月07日 [FAQ]

今の造園業で勤め続けるか独立するか、悩んでいます

造園業の方、相談に乗ってください。
私は現在、45歳で高校卒業から造園業に就職しているので、26年の経験があります。
今から独立するか、それとも今勤めている会社に勤め続けるか悩んでいます。
というのも、現在の会社の社長は、今年で65歳になります。
常々「俺が引退する時はお前に後を任せるからよろしくな」と言ってもらっています。
今、独立したとして、お客さんは10件ほど。
それも、単発で依頼をしてもらうお客さんなので、基本的には安定した収入を見込むことはできません。
ただ、日銭を稼ぐつてはあり、暇なら手伝いに来てもいいよと言ってくれる業者さんも複数あるので、食べていくのには困らない状況です。
その間に、集客できればと思っています。
今勤めている会社は、社会保険も完備されており、諸々安定はしていますし、将来的にも会社を引き継げるなら悪くありません。
しかし、社長もまだまだ元気なので、あと10年は働くと思います。
10年後は、自分は55歳。
そう考えると、独立するなら今が最後のタイミングかなとも感じています。
どうしたらいいか、アドバイスください。

回答

どちらにせよ厳しい道かと思います


究極の選択、に近いものがありますね。
まず、独立に関してですが、造園業の業界のことを知らないのでなんとも言えないのですが、10件のお客さんではやっていけないということですよね。
そのうち、4件は手伝いにということは、外注として手伝いに行くというイメージですかね?
どういうお客さんを狙っていくのかわかりませんが、公共性の高い事業を狙って安定するのであれば、コネはとても大切です。
なので、集客を頑張ると言っても、なかなか難しいものがあるでしょう。
一方で、個人の家の庭の手入れなどを、月額で受けられるサービスを開発すれば、集客を頑張れば安定することはできますよね。
そこに需要があるかは知りませんが。
これは、今の会社を続けていてもいずれ同じ壁にぶち当たる、ということです。
あなたに会社が任せられたとして、お客さんは常に獲得し続けなければなりませんから。
つまり、今を考えれば、会社に残った方がいいと思いますが、将来を考えた場合、独立するのも引き継ぐのも同じリスクが待っているということです。
一番いいのは、今のところで働きつつ、副業として自分でお客さんを集めるところから始めたらどうでしょうか?

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク